髭デザインには多彩な種類が!自分に似合うデザインを選ぼう

投稿日:

一口に髭を生やすとは言っても、髭デザインにはさまざまな種類があることをご存知でしょうか。誰からもカッコいい!と思われる髭を生やしたいならば、自分の輪郭や目的に合った髭デザインを選ぶことが大切。
今回はオーソドックスな髭デザインと、ユニークな髭デザインをそれぞれご紹介します。

基本は口髭と顎髭!

髭デザインの基本は口髭と顎髭です。髭デザインは口髭と顎髭をベースにデザインしていきます。

・口髭
口髭は自分の顔立ちに貫禄や大人っぽさを与えてくれる髭です。
年齢の割に貫禄が無いような気がする…という男性は口髭を生やしてみるといいでしょう。反対に、若々しく見られたい!という方はできるだけ避けたい髭です。
口髭は顔を横に広く見せてくれる効果もあるので、縦に長い輪郭が気になる方におすすめです。
口髭のみを生やしたデザインは30代~40代の方におすすめ。若い方の場合は年齢の割に貫禄が出すぎて、見た目に違和感が生じることがあります。
20代の方は口髭を生やす場合、それより濃い顎髭も一緒にデザインすると違和感なく決まるでしょう。

・顎髭
顎髭は輪郭を問わず似合う人が多く、初心者ならまずは顎髭から入りたいところ。
丸い輪郭の方は長く伸ばすことで顔立ちをほっそり見せることができますし、輪郭が縦に長い方は横に広げて伸ばすことで顔を柔らかく見せることもできます。
特に顎髭のみを生やしたデザインは、多くの女性からも受け入れられやすいデザインの一つ。女性からの目が気になる方は顎髭のみのデザインを選んでみましょう。

ユニークな髭デザイン

世の中にはあまりユーザーがいない、ユニークな髭デザインも多数あります。そのなかから代表的な種類をご紹介します。

・カイゼル髭
カイゼル髭とは横に広く伸ばした口髭の端を上向きにカールさせ、ワックスなどで固定させた髭デザインです。国を問わず多くの偉人が愛用した髭デザインで、画家のサルバドール・ダリのカイゼル髭が有名です。

・ラウンド髭
ラウンド髭とは口髭と顎髭を繋げた、唇を輪で囲んだかのように見える髭デザインです。海外では一般的な髭デザインではあるのですが、日本では愛用者は少ないのが現状。

人と違う髭デザインがいい!という方はこういったユニークな髭デザインに挑戦してみるのもおすすめです。

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です