人気の髭デザイン!グラデーションのある髭を作ってみよう

投稿日:

最近、薄いもみあげと濃い顎鬚を繋げ、もみあげから顎髭へと進みにつれて徐々に濃くなっていく、グラデーションのある髭デザインが人気となってきています。
顎髭が濃いながらももみあげが薄いおかげで清潔感も出やすく、濃い髭を生やしたいけど人の目が気になるというかたにおすすめしたい髭デザインです。
今回はそんなグラデーションのある髭デザインの作り方をご紹介します。

デザインには微細な調整ができる髭トリマーを使う

グラデーションのある髭デザインを作るためには、1mm~10mmの微細な範囲で調整できるような髭トリマーが必要です。髭トリマーは髭を生やしたい男性にとっては何かと便利なアイテムなので、これを機に購入してみてもいいでしょう。
まずは一定の期間、もみあげから顎髭までをなるべく均等に生やし続けます。顎髭の長さが理想の長さになったらいよいよスタートです。
まずもみあげを髭トリマーで1mm~3mmほどの短めに整えます。そこから顎髭に進むにつれて徐々に長くなるようにカットしていき、顎髭を最も長くなるようにカットすれば完成です。
こうしてグラデーションを作るだけでも魅力的なデザインなのですが、もみあげから顎髭に進むにつれてラインの太さを太くしたり、逆にラインをかなり細めに統一したりするのも魅力的。是非いろいろ試してみてください。

家庭用脱毛器でグラデーションのある髭をデザインするのもおすすめ

さらにこだわりを持ってグラデーションのある髭をデザインしたい方は、家庭用脱毛器を使ってデザインしてみてはいかがでしょうか。
家庭用脱毛器は使ってすぐに毛が無くなるというわけではなく、毛が徐々に細くなっていきます。この特性を活かしてデザインするのです。
最も細く、薄くするべきもみあげには高いパワーで家庭用脱毛器を使い、そこから顎髭に進むにつれてパワーを小さくしていきます。一定期間これを続けていくと、もみあげ周辺の髭は細く、顎髭に進むにつれて太くなるのです。
長さを揃えるだけでは表現できない、ユニークなデザインになります。

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です